[ 2012/5/28 ] 営業にとって必要な顔は?
【営業にとって必要な顔は?】


今日は、【営業にとって必要な『顔』】について、お話頂きます。

497営業日連続で契約を頂いたと紹介すると、よく頂く質問があります。
「どんな気持ちでお客さまと会っていましたか?」
「お客さまをどうやって見極めていましたか?」
「どのようにモチベーションを保っていましたか?」等。

先日お話したように、【営業】をしていると、当然、自分の気持ちの変化を感じます。
「楽しい!」、「絶好調!」と思う事もあれば、思うように会話が進まない、自分の描いていた結果が得られないなど、少しへこんでしまう事もあります。

ただ、どんな時も、お客さまに対して思っていたのは、『感謝』の気持ちです。
お話できて嬉しい、会って頂ける事が嬉しい、そう思いながら【営業】をしていました。

そして、【営業】をする中で、沢山のお客さまと出会い、お話し、提案する中で、思い付いたことがあります。
それは、
「私たち営業にとって、養うべき様々な『顔』がある」という事です。

それが、今日のお話です。

皆さんは、【営業にとって必要な『顔』】、
どんな『顔』があると思いますか?

私は、以下4つの『顔』が浮かびました。
・コミュニケーターの『顔』
・心理学者の『顔』
・マーケッターの『顔』
・モチベーターの『顔』

具体的には、
≪コミュニケーターの『顔』≫
コミュニケーション能力を高め、お客さまとの会話を楽しむ。
相槌ち、アイコンタクト、笑顔、メモを取るなど、行動としての表現はもちろん、質問、雑談、会話を楽しむ事で、お互いの心を開く作業。
とにかく、会話を楽しむ事重視。

≪心理学者の『顔』≫
お客さまの表情の変化を見ながら、適切な対応を取る。
そこから垣間見える気持ちの変化を、すばやく察する。

≪マーケッターの『顔』≫
戦略と戦術を組み立てる。
戦略―どのようなお客さまをターゲットとするか。
戦術―ターゲットとしたお客さまの価値観、趣味・嗜好を知るなど、具体的な方法。
お客さまから頂いた情報から、仮説を立て、具体的提案に導く。

≪モチベーターの『顔』≫
私は、モチベーターは無理に上げるものではないと思っています。
私にとってのモチベーションは、
自分なら大丈夫と、自分を信じ、大切にする気持ち、時に、自分を鼓舞する気持ちを指します。

この4つの『顔』を組み合わせ、絡ませながら、私は【営業】していました。

みなさんは、どんな『顔』を思い浮かべますか?
是非、色々なお客さまとの会話を楽しみ、そこから得た情報を大切に。
結果に繋がる『顔』を実践してみて下さいね♪
ありがとうございます♪

New Topics Recommendation